白くて美しい歯を保つための3つの方法

白く美しい歯というのは、誰もが憧れますし関心のあるものだと思います。

 

 

歯が綺麗なことで自分の笑顔にも自信がもてるようになります。ではその美しい歯を保つためには、どうしたらいいのでしょうか。普段日常で気を付けなければいけない3つの方法を説明します。まず1つ目は、付いた汚れはその日のうちに落とすことです。汚れが蓄積してしまうと、普段の歯磨きでは落とせない汚れに変化してしまいます。

 

 

そのため食事の後の歯磨きは欠かせません。しかし働いていたり外出していたりすると、なかなか歯磨きの時間が取れないこともあるでしょう。そんな時は口をゆすぐだけでも構いません。少量の水を口に含み、少し強めに水を歯にあてることを意識しましょう。そして家に帰ってから丁寧に歯を磨くことをおすすめします。

 

 

その際に歯ブラシだけではなく、歯間ブラシやフロスなども併用するとさらに効果が上がります。2つ目は、たばこを吸っている方は禁煙をするということです。たばこを吸った後の口内はヤニで汚れています。この汚れは非常に落ちにくく、毎日の歯磨きでは完全に除去することが難しいです。ヤニは歯の表面を黄色や茶色に染めてしまいます。たばこは百害あって一利なしです。体だけでなく、歯の健康のためにも禁煙をおすすめします。3つ目は、色が濃い飲み物や食べ物を摂り過ぎないということです。皆さんは、ステインという言葉をご存知ですか?

 

 

 

最近CMでもよく耳にしますよね。ステインとは、飲食物に含まれている色素が歯の表面に付着してできる、歯の汚れのことです。よく知られているコーヒーや紅茶以外に、赤ワインやチョコレート。バナナやぶどう、柿などの果物にも含まれていると言われています。こういった色素の濃い飲食物を摂った後には、口をゆすぐことをおすすめします。この3つの方法が、歯を美しく保つために必要不可欠なことと言えます。普段の歯磨きをもう1度見直して、白く美しい歯を手に入れましょう。